読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきのココだけの話

ゆきが面白いと思った話を紹介していきますね

バタートーストの美味しい焼き方の裏技を試してみた結果・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:yuki1995jp:20170412112454j:plain

裏技で焼いたバタートーストを、

幸せそうな笑顔で美味しいと食べる、

山口もえちゃんの姿を見てしまったら、

もう試さずにはいられません。

 

ちょうど今日、4月12日はパンの日。

 

ということで、普通の食パンが、

喫茶店で出てくるような、

絶品バタートーストに変わるという、

焼き方を試してみました。

 

最後におまけの小ネタもありますよ。

 

食パンをトースターで焼くだけなのですが・・・ 

 

バタートーストと言えば、

どこのお店でも売っているような、

ごく普通の食パンをトースターで焼き、

バターを塗るだけですよね。

 

このシンプルなバタートーストを、

ある裏技を使うことで、

喫茶店の味に近付けるというのです。

 

裏技のネタ元は、

昨日のあさイチのスゴ技Q。

スゴ技Q 時短料理の味方 オーブントースターの使いこなし術|NHKあさイチ

 

ただ、番組を見て、

疑問に思った点があったので、

実際にやってみることにしました。

 

バタートーストの裏技を試してみた 

 

わざわざこれを試すために、

いろいろ買いに行くのは面倒だったので、

家にあるもので適度に代用しています。

 

まず、用意するのはコレ。

 

f:id:yuki1995jp:20170412102144j:plain

 

本当は6枚切りの食パンを使うのですが、

家にあったのは4枚切りの超熟なので、

これで試してみることに。

 

そして本当はバターを使うのですが、

冷蔵庫にマーガリンしかなかったので、

ネオソフトのバター風味を使います。

 

あとはアルミホイルが必要ですね。

では、始めましょう!

 

f:id:yuki1995jp:20170412102451j:plain

 

アルミホイルの上に食パン1枚を乗せ、

トースターの網の上に置きます。

 

アルミホイルを使うことで、

食パンは片面しか焼けないわけですね。

 

これがバタートーストを、

新食感にするポイントです。

 

番組では1000Wで2分半加熱していましたが、

我が家のトースター事情により、

1200Wで2分加熱。

 

パンが焼ける前に、

こんな感じであらかじめバターを切り、

すぐ塗れるように準備しておきます。

f:id:yuki1995jp:20170412103136p:plain

今回私はマーガリンを使うので、

それっぽく用意しておきました(^▽^;)

 

パンがいい感じに焼けましたよ 。

f:id:yuki1995jp:20170412102719j:plain

 

バターの塗り方にポイントが!

 

ここからが裏技!

 

バターを塗っていくのですが、

カリカリに焼けた面ではなく、

焼けていない面に塗るんですよ。

 

f:id:yuki1995jp:20170412103631j:plain

 

バターを均一に塗り広げるために使うのが、

バターナイフではなく菜箸

 

確かに箸を使うことで、

力が入り過ぎず均一に塗れますが、

正直、ちょっと塗りにくいかな(^▽^;)

 

ただ、私の場合、バターではなく、

マーガリンを使っているから、

塗りにくいのでしょうけど。

 

f:id:yuki1995jp:20170412104047j:plain

全体にバターを塗ったら、

あとは食べるだけですが、

食べる時にもポイントがあるんですよ。

 

バターを塗った面が、

舌に当たるように食べると、

美味しいということなので、

バターを塗っていない、

こんがり焼けた面を上にして食べます

 

↓ この向きで口に入れましょう。

f:id:yuki1995jp:20170412104244j:plain

 

で、食べた感想ですが・・・

 

バタートーストの美味しい焼き方を試した感想 

 

裏技で焼いたバタートーストを、

食べてみたのですが、

確かにマーガリンがジュワッと溶けていて、

美味しいですね(*^-^*)

 

ちゃんとバターでやれば、

本当に喫茶店で出てくるような、

バタートーストの再現になりそう。

 

試しにひっくり返して、

バターを塗った面を上にして、

食べてみたのですが、

やっぱり味に物足りなさがあります。

 

それで、やってみて疑問に思ったのが、

バターを塗る時に箸ではなく、

バターナイフではダメなのかということ。

 

使い方を工夫してみれば、

バターナイフでも均一な力で、

塗り広げられるのでは?と思ったのです。

 

さらに、冷凍食パンを使って焼いても、

同じような美味しさは、

キープできるのか気になったんですね。

 

ということで、試してみました。

 

冷凍食パン+バターナイフでやってみた 

 

冷凍庫に6枚切りの食パンがあったので、

それで試してみることに。

 

ちなみに冷凍していた食パンは、

白い食パンではなく十二穀食パン。

 

食パンの耳が美味しく焼ける方法

 

焼き方は同じなので割愛しますが、

食パンの耳が固くなりすぎず、

カリッと焼くための方法も知ったので紹介。

 

食パンって当然、上下がありますよね。

 

f:id:yuki1995jp:20170412105936j:plain

 

カットした状態で売っているものを見ると、

上下がわかりにくいかもしれませんが、

こんな感じで耳がふにゃふにゃに、

波打っている方が上。

 

f:id:yuki1995jp:20170412105317j:plain

 

そして真っ直ぐ固くなっている方が下。

 

f:id:yuki1995jp:20170412110131j:plain

 

トースターに入れる時には、

食パンの下側を奥に向けて入れて焼くと、

トースターは奥の方が温度が高いので、

熱が均一に入りカリッと焼けるんだとか。

 

では、本題に戻します。

 

冷凍食パンもきれいに焼けたので、

バターを塗っていくのですが、

今回はバターナイフを使って、

均一な力加減で塗れる方法を探ってみることに。

 

バターナイフでも一工夫で均一に塗れる 

 

f:id:yuki1995jp:20170412110800j:plain

バターナイフは平たい面を使って、

塗るのが普通の使い方ですが、

力が入り過ぎたりして、

菜箸で塗る時ほど力の調整が上手くいきません。

 

で、私は考えました。

 

バターナイフを縦に使えば、

良いのではないかと。

 

やってみたら力も入り過ぎず、

意外と上手くいったので、

マーガリンで試す場合には、

バターナイフを使った方が良いのではないか、

という結論に至りましたよ。

 

食べてみたら、

冷凍食パンでも美味しい焼き方の裏技は、

通用することがわかりました。

 

十分美味しいです(*^-^*)

 

【おまけ】食パンを美味しく冷凍する裏技

 

食パンは賞味期限が短いので、

買った後に冷凍することも多いと思います。

 

私は以前食パンを1枚ずつラップで包み、

ジップロックに入れて、

冷凍していたのですが、

冷凍焼けすることも多かったんですね。

 

でも、今は別の方法で冷凍しています。

 

f:id:yuki1995jp:20170412111604j:plain

 

食パンをアルミホイルで包み、冷凍する方法。

 

f:id:yuki1995jp:20170412111657j:plain

 

空気がなるべく入らないようにして、

食パン全体をアルミホイルで包んだら、

ジップロックとかには入れずに、

そのまま冷凍庫に入れます。

 

写真ではやり忘れましたが、

アルミホイルはくしゃくしゃにしてから、

食パンを包むようにした方が、

パンの表面にホイルが付きにくくて良いですよ。

 

この方法を実践するようになってから、

冷凍焼け知らずになりました。

 

おすすめです!

 

最後に

 

トーストにバターを塗る話だけで、

ここまで長くなってしまうとは予想外。

 

長々とごめんなさい、

最後まで読んでいただき、

ありがとうございますm(__)m

 

明日の朝食に裏技バタートースト、

試してみてはいかがでしょうか。