読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきのココだけの話

ゆきが面白いと思った話を紹介していきますね

ブイヨンとコンソメの違いや使い分けに驚き!野菜ブイヨンの作り方を覚えると便利

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:yuki1995jp:20160829105002p:plain

ブイヨンとコンソメの違いって、

気になったことありませんか?

 

いつもは顆粒のコンソメを買い置きして、

スープや調味料として使っていますが、

いつも迷うのがブイヨン

 

たまに固形のブイヨンの方が、

安売りされているとつい手が伸びて・・・。

 

でも、ブイヨンとコンソメだと、

出来上がりの味が明らかに違うんですよね

 

同じ棚に陳列されているので、

恥ずかしながら同じものだと思っていました。

 

違いって?

 

ブイヨンとコンソメの違いって?

 

疑問に思えて良かった!

そう心底思える違いがありました。

 

ブイヨンとコンソメは、

主にフランス料理で使用されるもの。

 

日本では、洋風の固形スープの素を指し、

コンソメとブイヨン、

どちらも同じ意味で捉えているようです。

 

だから私と同じように、

同じものだと誤解している人も多いはず!

 

その違いに驚きました。

 

ブイヨンってどんなもの?

 

まずはブイヨンですが、

フランス語で『出汁』を意味するとのこと。

 

ブイヨンにも種類があり、

基本のブイヨンは、

長時間煮込んで鶏ガラで取った、

『ブイヨン・ド・ヴォライユ』を表しています。

 

牛骨から取ると『ブイヨン・ド・ブフ』。

野菜から取ると『ブイヨン・ド・レギューム』。

魚から取ると『ブイヨン・ド・ポワゾン』。

 

こんな風に名前が変わり、

 香味野菜を使い、短時間で出汁を取ったものは、

『クール・ブイヨン』というそうです。

 

ということで、

ブイヨンというのは、

塩分が含まれていない出汁の状態。

 

じゃあ、コンソメは?

 

コンソメはブイヨンと何が違うの?

f:id:yuki1995jp:20160829105531p:plain

続きましてコンソメです。

 

コンソメには、

『完成された』という意味があるとのこと。

 

コンソメスープの材料の一つに、

先ほど説明したブイヨンが入ります。

 

長時間煮込んだブイヨンに、

肉や野菜を加え、アクを取って濾します。

 

調味料を加えて、

色が澄み切った深い琥珀色になったら、

やっとコンソメスープという料理として、

完成するとのこと。

 

完成まで、ものすごい手間と時間ですね(@_@)

 

そしてそのまま飲んでよし、

煮込み料理などの調理にも利用してよし、

という万能スープになるわけです。

 

コンソメスープに使うブイヨンには、

動物性のゼラチン質が入るのが基本。

 

美味しさの秘訣になるのはもちろん、

冷えるとゼリー状になるため、

ジュレとして冷製料理にも使えます。

 

ブイヨンとコンソメの違いと使い分け

 

ということでブイヨンは出汁、

コンソメは出汁にブイヨンを使って作った、

スープの素だとわかりました。

 

いや~違いがわかって良かった(*^-^*)

 

洋風の出汁を使う料理にはブイヨン、

簡単にスープにするならコンソメと

使い分けすれば良いんですね。

 

でも、頻繁に使うなら、

両方買い置きしておいても良いけど、

そういうわけでもないし・・・。

 

と思っていたら、ブイヨンは、

簡単に手作りできると知りました!

 

残り野菜でも作れる、

野菜ブイヨンの作り方を紹介しますね。 

 

 時間の分だけ味になる!?野菜ブイヨンのレシピ

 

ブイヨンは思ったよりも簡単に作れるんです。

 

野菜ブイヨンの作り方

 

【材料】

 

人参                 1本

玉ねぎ                1玉

セロリ                葉の部分

にんにく               1かけ

ローリエ               1枚

水(あれば硬水のミネラルウォーター)   1L

 

*皮やヘタなどもよく洗って、

一緒に入れてくださいね!

 

玉ねぎやジャガイモ、カボチャの皮からも,

いい出汁が出ますよ。

 

 

【作り方】

 

1.セロリの葉、玉ねぎの皮以外の材料を、

さいの目切りに近い、粗いみじん切りにします。       

にんにくは包丁の背で潰します。

 

2.水から全材料を沸騰する手前まで強火で煮ます。

 

4.もうそろそろ沸騰するかな?

というところで弱火に落とし、

沸騰するかしないかの状態をキープします。

 

5.30分経ったところでアクを取り、

さらに15分から30分煮込みます。 

 

6.火を止めてザルで濾したら

シンプル野菜ブイヨンの完成でーす!(^o^)

 

煮込み時間が長ければ長いほど、

味が深くなりますが、

30分くらいでも十分出汁は出ますよ。

 

できた野菜ブイヨンを使って、

ポトフやシチューを作ると、

味わい深くて美味しいです。

 

最後に

 

ブイヨンはそもそも西洋料理で、

硬水を使って作ることが、

ほとんどなのだそうです。

 

日本の軟水で作るよりも、

硬水の方が良い味になるとのこと。

 

もし徹底的にこだわって、

野菜ブイヨンを作ってみたいなら、

硬水を買ってきて作ると良いですね。

 

手作りの野菜ブイヨンは、

製氷皿や保存容器に入れて冷凍保存できます。

 

わざわざ市販の物を買わなくても、

残り野菜で簡単に作れるのは、

便利だし経済的で良いですよね。