読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきのココだけの話

ゆきが面白いと思った話を紹介していきますね

唇の日焼け対策大丈夫?治し方はあるけど予防しないと大変なことに・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:yuki1995jp:20160521151603j:plain

最近、暑いですよね。

もうすっかり夏の陽気で、日差しも強い(>_<)

 

毎年今頃の時期になると後悔するのが、

日焼け対策を疎かにして外出してしまうこと。

 

今年もやらかしてしまいました(-_-;)

 

だんだん唇がヒリヒリしてきて、

お風呂に入ると赤く腫れてきちゃって痛い!


治りにくくて最悪なのに同じことを毎年繰り返す、

学習能力のない私・・・。

 

でも、さすがにもう痛い思いしたくないので、

唇の日焼けの治し方と日焼け予防対策を探してみました。

 

唇の日焼け対策してる?

 

毎年油断するのが、唇の日焼け対策

 

外出する時は化粧をして出掛けるので、

基本的には日焼けしにくいはずなのですが、

唇の日焼け対策って忘れがちなんですよね(-_-;)

 

毎年のことなのに、なぜか疎かにしてしまうのは、

私だけなのかな~?

 

唇がヒリヒリし出してから気付くんですよね。

 

ひどい時だと皮がむけて赤く腫れあがってしまい、

治るまでは口紅も塗れないし、

ピリ辛のものなんてもちろん食べれません(>_<)

 

実は、今もヒリヒリして痛いのです・・・。

これ、治るまで数日かかるんですよね。

 

治し方もよくわからないから、

唇が熱を持ってるうちは冷やしてみてるけど、

本当にそれで良いのか不安。

 

正しい治し方が知りたくて調べてみました。

 

そもそも唇は日焼けしやすい 

f:id:yuki1995jp:20160522033545j:plain

日焼けしやすい肌があるって知っていましたか?

 

私は初めて知ったんですけど、

水分とか油分が少ない肌は日焼けしやすいそうです。

 

唇の皮はすごく薄くて汗や皮脂が出ないので、

乾燥から守る機能がそもそも備わっていないとのこと。

 

焼き魚に例えてみると・・・

 

干物の魚と生魚を焼いた時、

より早く焼けるのは干物の魚ですよね。

 

干物は水分が飛んでいるので焦げ付きやすく、

生魚は水分を蒸発させてから焼け始めるので、

焼き上がるまで時間がかかります。


実は肌も同じで、

水分が多いと紫外線が強くても焼けにくいそうです。


ということは、水分自体が少なくて、

水分の蒸発を防ぐ皮脂の分泌もほぼ無い唇が、

日焼けしやすいのは当然のこと。

 

困りましたね・・・

 

でも、唇の日焼けを予防する方法はありましたよ。

 

唇の日焼けを予防する方法

 

もう二度と日焼けをしないように予防対策をして、

唇を日焼けから守りましょう。

 

簡単だけど侮れない3つの予防方法を紹介しますね。

  

保湿+UVカットリップクリームを塗る

f:id:yuki1995jp:20160522031117j:plain

 

唇の日焼け予防対策で一番簡単なのは、

日焼け止め成分の入ったリップクリームを使うこと。

 

当たり前のことのようですが、

意識しないとUVカット成分配合なのか、

確認せずに値段だけ見て買っちゃうんですよね(^▽^;)

 

セール品をつい手に取ってしまいがち。

買う前に確認する習慣をつけないといけませんね。

 

水分や油分があると日焼けしにくくなるので、

唇の保湿ができるワセリンを塗ってから、

UVカットのリップクリームを塗ると良いそうです。

 

f:id:yuki1995jp:20160522031457j:plain

 

そして、女子力の高い友達にどうしてるか聞いてみたら、

唇にココナッツオイルを塗っているとのこと。

 

ココナッツオイルは天然のUVカット効果もあって、

保湿力も抜群なのだそうです。

 

知りませんでした!

ココナッツオイルの使い道も広がるし良いかも!

 

唇を保湿する習慣を付ける

 

乾燥した唇は紫外線の影響を受けやすいので、

普段から保湿する習慣を付けるのが大事です。

 

夜寝る前にリップパックをすると、

翌朝はぷるぷる唇を保っているはず(*^-^*)

 

朝、ぷるぷるの状態の時に、

ワセリンを塗って保護してあげるのが理想的。

 

リップパックは専用のものを買わなくても、

ラップで代用できるから良いですよね。

 

唇を舐めないように気をつける

 

実はこれが一番難関かも(^_^;)

 

無意識に舐めてしまうので、

かなり注意しないと治らないですね。

 

唇を舐めると、ただでさえ少ない水分が、

悲しいことに蒸発しやすくなってしまいます。

 

気付かないうちにカラカラに乾燥してしまい、

もちろんせっかく塗ったリップクリームも意味無し。

 

う~ん・・・

唇を舐めないように強く意識するしかないですね。

 

私の場合はブログ書いてる時に、

一番気を付けないといけないな(;^_^A

 

書くことを考えてる時に、

つい唇舐めてしまう癖があるんですよ。

 

パソコンに注意書き貼っておこうかな。

 

というわけで3つ予防法を見てきたわけですが、

うっかり日焼けしてしまった場合の、

適切な治し方も調べてみました。

 

日焼けした時の治し方

 

唇が日焼けした時の治し方と言っても、

初期の段階での治し方です。

 

水ぶくれができる程の日焼けは、

火傷の状態なので自分で無理に治すのは危険!

 

すぐに皮膚科を受診しましょう。

 

少し赤くなってヒリヒリし始めた段階であれば、

自分でも対処できる方法がありますよ。

 

軽度の日焼けを治す手順を紹介しますね。

 

1.とにかく冷やす

 

日焼けで唇が熱を持っている状態なので、

冷水で濡らしたタオルを唇に優しく当てて、

とにかく冷やします。

 

ケーキなどを買った時に付いてくる、

小さい保冷剤をタオルハンカチなどで包んで、

軽く唇に当てる方法でも大丈夫です。

 

でも、日焼けで唇は敏感になっているので、

ぎゅっとタオルを強く押し当てるのはダメ。

 

もちろん摩擦にも弱い状態になっているので、

タオルで擦るのは厳禁ですよ!

 

乾燥したタオルでは刺激になってしまうので、

しっかり濡らした状態で使いましょう。

 

2.しっかり保湿する

f:id:yuki1995jp:20160522032435j:plain

 

日焼けした唇は敏感な状態なので、

とにかく刺激になるものは避けるようにします。

 

普段は問題なく使える化粧水でさえ、

強い刺激になってしまうこともあるので要注意!

 

おすすめは無添加のピュアオイル

 

浸透させるためにオイルをマッサージしながら

塗り込むのは厳禁!

 

摩擦が起きないように優しくそっと、

唇の上にオイルを乗せて伸ばすようにします。

 

その後はリップパックで浸透させていきますが、

やり方は超簡単でラップで唇を覆うだけ。

 

大体10分くらいパックすればOK。

元の状態に戻るまで毎日続けるのがおすすめ

 

唇が生まれ変わるまでの期間は、

3~6日間程度だと言われています。

 

きちんと保湿して早めに治しましょう。

 

そうそう、市販のリップパックには、

刺激になる成分が入っている可能性もあるので、

日焼けした後は使わない方が安心ですよ。

 

3.刺激を与えないようにする

 

日焼けで敏感になった唇は、

外からの強い刺激にとても弱い状態。

 

なるべく刺激を与えないようにしましょう。

気を付けた方が良いのは・・・

 

f:id:yuki1995jp:20160522032715j:plain

まず、辛い食べ物は控えるようにします。

唐辛子とかキムチ等は危険ですね(-_-;)

 

カラムーチョとかも、もちろんダメ。

 

ただでさえ唇がヒリヒリしてるのに、

辛い物を食べるとヒリヒリが倍増しますよ!

 

ちゃんと治るまで我慢ですね。

 

f:id:yuki1995jp:20160522033209j:plain

あとは口紅などのリップメイクは、

治るまでお預けです。

 

どうしてもリップメイクをしないといけない場合は、

低刺激の色付きリップクリームを使いましょう。

 

でも、なるべくなら避けたい所ですね。

 

そして一番気を付けたいのは、

唇の皮が剥がれてきた時に、

無理矢理剥いでしまうこと。

 

唇の変わって柔らかくて薄いから、

つい気になって剥いでしまいそうになりますが、

新たな皮剥けの原因にもなるのでやめましょう。

 

最後に

 

唇の日焼けを予防する方法は、意外と簡単でしたね。

 

毎日保湿する習慣をつければ、

日焼けしにくい唇に生まれ変わります。

 

うっかり日焼けしてしまったら、

とにかく早めに冷やして保湿するのが大事!

 

こんなに簡単な対策なら、

飽きっぽい私でも続けられそうです(^O^)

 

冷やしてからリップパックしてみたら、

ヒリヒリが少し良くなってきましたよ!

 

 皆さんも唇のうっかり日焼けしないように、

気をつけて下さいね(*^-^*)