読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきのココだけの話

ゆきが面白いと思った話を紹介していきますね

トットてれび【ネタバレ注意】豪華キャストと歌が凄い!絶対ハマるNHK土曜ドラマです!

テレビ
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:yuki1995jp:20160428154224p:plain

画像引用 登場人物(キャスト) | トットてれび

 

f:id:yuki1995jp:20160613112221j:plainトットてれびを見逃した方はこちらから視聴をどうぞ

 

予告のPR動画でこんなに興奮したドラマは初めてです・・・。

 

明日、4月30日(土)20時15分から、

NHK土曜ドラマ「トットてれび」が始まります。

 

黒柳徹子さん、通称トットちゃんの半生を描いたドラマ。

 

豪華キャスト、歌、あらすじ、ファッション・・・

もはや見どころしかありません!!!

 

当時の映像ともリンクしているので、

ブラウン管テレビを見ているような感覚を味わえます。

 

昭和の心地良い空気感とトットちゃんの弾けっぷり、

ミュージカル調の流行歌・・・

 

「トットてれび」の世界観に引き込まれますよ(*^-^*)

 

 

 

「徹子の部屋」を見るために会社を辞めた脚本家

 

「トットてれび」の原作は黒柳徹子さんの著書、

「トットひとり」と「トットチャンネル」。

 

脚本は中園ミホさん

 

朝ドラ「花子とアン」や「ハケンの品格」、

「ドクターX~外科医・大門未知子~」などの脚本を手掛けた方です。

 

中園さんは昔から黒柳徹子さんの大ファンなんだそう。

でも、ただのファンではなかった・・・

 

なんと「徹子の部屋」を毎日リアルタイムで見たいからと、

勤めていた広告代理店を約1年で辞めてしまったそうです(^_^;)

 

まさに筋金入りの熱狂的なトットちゃんファン。

 

そんな中園さんが脚本を手掛けたなら、

きっと面白い視点から黒柳さんを描いているはず!

 

これだけでも大きな期待が持てます。

そしてキャストがとにかく豪華・・・

 

「トットてれび」の豪華キャストに注目!

 

f:id:yuki1995jp:20160428170332j:plain 

黒柳徹子さんと共に歩んだ、

往年のスターの若かりし頃も描かれているこのドラマ。

 

見どころの一つが豪華キャスト陣です。

 

黒柳徹子(満島ひかり)

渥美清 (中村獅童)

坂本九 (錦戸亮)

森繁久彌(吉田綱太郎)

向田邦子(ミムラ)

 

そして黒柳徹子さんご本人が、

100歳の徹子さん役で久々のドラマ出演。

 

他にも吉田栄作、安田成美、濱田岳、武田鉄矢、

岸本加世子、大森南朋、松重豊など、

ドラマでよく見る顔ばかり。

 

さらに語りのパンダ役小泉今日子

 

黒柳さんは幼少期、

パンダのぬいぐるみに興味を持ってから、

パンダの生態に興味津々で研究されていますからね。

 

パンダ役はかなり重要なポイントになりそうです。

 

そして、毎回ゲストも登場します。

このゲストも凄かった・・・。

 

EGO-WRAPPIN'中納良恵の「買い物ブギ」が最高!

 

毎回ドラマの終盤で当時のヒット曲を

ミュージカル調でお届けしてくれるのですが・・・

 

1話のゲストで笠置シヅ子の「買い物ブギ」を歌うのが、

EGO-WRAPPIN'ボーカルの中納良恵さん

 

PR動画で少しだけ流れていたんですが、

それを見ただけでも鳥肌モノでした。

 

EGO-WRAPPIN'と言えばこの曲ですよね。

「くちばしにチェリー」。

 

youtu.be

 

YouTubeに公式チャンネルができていて感激!

 

超オシャレな「買い物ブギ」は要チェックです(*^-^*)

 

美声すぎるアイドルelfin'(エルフィン)に注目!

 

第3話にスパークス役でゲスト出演するのがelfin'(エルフィン)

 

実はスパークスもelfin'もわからなかったのですが、

何やらelfin'は、超注目の次世代アイドルだという噂。

 

気になって調べてみたら美声すぎてびっくり!

3人組のアイドルユニットですが3人とも超美声。

 

「全日本美声女コンテスト」でグランプリ、

準グランプリを受賞した3人で構成されているとのこと。

 

声優さんもやっているんですって。

 

YouTubeに動画がありましたよ。

youtu.be

 

この美声でヒット曲を歌うのでしょうか?注目です!

 

歌、ファッション、音楽・・・見どころ満載!

 

 中納良恵さんの「買い物ブギ」の他にも、

ドラマで使用している音楽や歌は要チェックです。

 

2話では坂本九役の関ジャニ∞、錦戸亮

「上を向いて歩こう」を歌います。

 

さらに植木等の「スーダラ節」はキャスト全員で。

ミュージカル調に変身した「スーダラ節」に注目ですね。

 

ちなみに植木等役は我が家の坪倉です。

我が家は3人ともゲスト出演します。

 

元モーニング娘。高橋愛、田中れいな、

久住小春は「スリーバブルス」役でゲスト出演。

 

歌唱力に定評のあるメンバーなので楽しみです。

 

ドラマの音楽を担当してるのが、

朝ドラ「あまちゃん」を担当した大友良英さん。

 

大友さんと共にあまちゃんの劇中歌を担当した、

Sachiko Mさん、江藤直子さんです。

 

どんな世界観になるのか楽しみです(^O^)

 

昭和モダンなファッションにも注目

 

黒柳徹子役の満島ひかりさんが着ている衣装は、

当時流行していたものが中心。

 

キラキラ弾ける黒柳さんのイメージにぴったりな、

どこか懐かしいけどオシャレな服が素敵です。

 

満島ひかりさんの着こなし方にも注目ですね。

 

ということで、音楽、ファッション、歌と

まさに見どころ満載なのですが・・・

 

1番気になるのは、

やっぱり本編のあらすじですよね(^_^;)

 

第1話のあらすじをチェックしてみましょう。

 

「トットてれび」第1話のあらすじ【ネタバレ注意】

 

f:id:yuki1995jp:20160428164611j:plain

舞台は昭和28年(1953年)。

NHKがテレビ放送を開始した年です。

 

黒柳徹子は「雪の女王」という人形劇を見て、

子供に本を上手に読み聞かせる、

お母さんになりたいと思うようになります。

 

そんなある日、新聞を見ていると、

NHKがテレビ放送を始めるために、

専属の俳優研究生を募集するという記事が。

 

子供の頃から好奇心旺盛の徹子は、

迷わずオーディションを受けることにします。

 

NHKなら上手な絵本の読み方を教えてくれるかも、

という期待を持ってオーディション会場に。

 

自分の順番になり練習していたはずの

早口言葉を披露するも大失敗。

 

その後も失敗続きだったのですが、

型破りな子だということで、

NHK文芸部のプロデューサーの目に留まり合格。

 

f:id:yuki1995jp:20160428173032j:plain

エキストラとしてテレビやラジオに

出演することになりますが失敗続き

 

「買い物ブギ」を歌う笠置シヅ子の後ろを通り過ぎるだけでも、

余計な動きをして目立ってしまいます。

 

フロアディレクターから、

「個性が邪魔だ」と言われてしまうほど。

 

落ち込む徹子に声を掛けたのは、プロデューサーの大岡。

「トット様。」と。

 

そこで徹子は初めて自分の合格理由を知ります。

採用理由は、あまりにも何も出来なかったから。

 

ただ、新しくテレビ放送を始めるにあたり、

無色透明な新しいタイプの俳優が1人はいてもいいのでは、

ということで採用になったとのこと。

 

自分は何もできない、自分の全部が変。

どんどん落ち込んでいく徹子。

 

f:id:yuki1995jp:20160501160104j:plain

そんな中、新しい放送劇のオーディションの話が舞い込みます。

 

実はこのオーディションは、

大人で子供の声を出せる人物を探すという前代未聞の取組。

 

「3匹の猿の物語」の声優オーディションで、

なぜか1人だけトン坊役ばかりやらされます。

 

今回のオーディションもダメだったと落ち込む徹子。

 

会場を出ていこうとしたその時、

劇作家飯沢に「だめだよ帰っちゃ!あなたがトン坊。」

と合格を告げられます。

 

徹子は日本語もしゃべりも個性も全部直しますからと

飯沢に宣言しますが・・・

 

飯沢が放った言葉は徹子にとっては意外なものでした。

 

「直したらいけない。あなたの個性が欲しい。

どこも変じゃない。あなたのそのままが良いです。」と。

 

徹子のNHK俳優としての活動がいよいよ始まったのです・・・。

 

と第1話はここまででした。

 

2話は「紅白歌合戦」や「夢であいましょう」などの

懐かしの映像も見れるようですよ(*^-^*)

 

最後に

 

昨日「黒柳徹子ケーキ」の記事を書いたばかりで、

何だか黒柳さんの話が続いてしまいましたね(^▽^;)

 

すっかり黒柳さんの魅力に引き込まれてしまっています。

いつまでも輝き続ける黒柳さんは素敵ですね。

 

NHK土曜ドラマ「トットてれび」は、

4月30日(土)20時15分から始まります。

 

毎週土曜日、全7回の放送で、

28分間の短いドラマになっていますよ。

 

黒柳さんが会見で、

あらららら・・・と思っているうちに、

どんどん進んでいくテンポの速いドラマだと言っていました。

 

本編の内容の面白さはもちろん、

ミュージカル調の演出などもあり、

あっという間に28分間が過ぎてしまいそうな予感がします。

 

予告のPR動画に釘付けになってしまったドラマは、

このドラマが初めてです。

 

昭和の時代を懐かしむ世代にも愛され、

平成生まれの若い世代には新鮮なドラマだと思います。

 

 

 

f:id:yuki1995jp:20160613112221j:plainトットてれびを見逃した方はこちらから視聴をどうぞ