読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきのココだけの話

ゆきが面白いと思った話を紹介していきますね

「動物ぽんぽん」作り方は簡単!モフモフで可愛すぎるのですが・・・

生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:yuki1995jp:20160421165300p:plain

画像引用 https://twitter.com/M1ZUK1_rio

 

「動物ぽんぽん」って知ってますか?

 

テレビで紹介されたのがきっかけで、

ツイッターやインスタグラムで話題沸騰中のかわいいやつ( *´艸`)

 

毛糸を使ってぽんぽんを作ってから、

好きな動物の形に整えていくんだけど意外と簡単!

 

材料さえ揃えれば初心者でも3時間程度でできるんだって(*^-^*)

 

もふもふの手触りとキュートな動物たちに癒されますよ~。

 

初心者の人にもおすすめの「動物ぽんぽん」の作り方や

必要な材料を紹介しますね。

 

「動物ぽんぽん」とは?

 

ぽんぽんってわかりますよね?

毛糸の帽子のてっぺんについてる丸いやつ。

 

    ↓ これ!

f:id:yuki1995jp:20160421183503j:plain

 

この丸いぽんぽんを作って、

くまや犬などの動物の形にしたものが「動物ぽんぽん」

 

思わず触りたくなるモフモフ感が、

たまらなくかわいいのです(*^-^*)

 

ツイッターやインスタグラムで話題沸騰

 

NHKのあさイチや日テレのスッキリ!!で紹介されると、

SNSでたちまち話題に(^O^)

 

作り方の解説本が品薄状態になるなど、

大人女子の間で大ブームになっているんです。

 

ツイッターに投稿されてる

みんなが作った動物ぽんぽん達が可愛すぎるのですよ・・・

 

カワウソ

f:id:yuki1995jp:20160421184656p:plain

 

ウサギ

f:id:yuki1995jp:20160421185002p:plain

 

スズメ

f:id:yuki1995jp:20160421185218p:plain

 

動物大集合\(^o^)/

f:id:yuki1995jp:20160421185714p:plain

 

と、見ているだけでもかなり癒されちゃいます( *´艸`)

 

「動物ぽんぽん」発明した人、凄い!

どんな人が発明したか気になりますよね・・・

 

「動物ぽんぽん」生みの親は素敵な作家さん

 

この「動物ぽんぽん」を発明したのは、

仙台で活動しているハンドメイド作家の黒田翼さん。

 

品薄状態の「動物ぽんぽん」という本も、

黒田翼さんの著書でした。

 

あさイチの「動物ぽんぽん」の特集の時に、

黒田さんご本人が作り方の解説をしていましたよ。

 

穏やかな口調でナチュラルテイストの服も素敵で、

解説も丁寧でわかりやすい、

女性が憧れる女性っていう感じの素敵な作家さん(*^-^*)

 

手芸店で働いている時に毛糸で何か作れないかな?

と思って思いついたのが「動物ぽんぽん」だそうです。

 

もう2年前から作り続けているんだって!すごい!

 

ハンドメイドマーケットminneと「トーカイ」主催の

「ハンドメイド大賞」で大賞に選ばれたのが・・・

 

黒田さんが作った「森の動物たちのぽんぽんブローチ」。

 

これがきっかけで「動物ぽんぽん」が

たちまち話題になったというわけです。

 

黒田さんのインスタグラム見てるだけでも幸せ気分♪

Tsubasa Kuroda (@trikotri222) • Instagram photos and videos

 

画像を見てるだけでも癒されますが、

実際に作ってモフモフ感を味わいたいですよね(*^-^*)

 

初めての方でも簡単に作れる、

くまの「動物ぽんぽん」の作り方を紹介します。

 

くまの「動物ぽんぽん」に必要な材料

 

あさイチで黒田さんが初心者にも作りやすいものとして

解説してくれてたのが、くまです。

 

まず、くまの「動物ぽんぽん」を作るのに必要な、

材料を紹介しますね。

 

<材料>

・ポンポンメーカー(ぽんぽんを作る専用器具)

※サイズが65mmのもの。

 

・茶色い中細の毛糸

・タコ糸(普通の糸だと切れちゃいます)

・黒の羊毛(くまの鼻と口に使います)

 

・手芸用のハサミ(よく切れるもの)

・ニードル

 

・合成接着剤(手芸用)かグルーガン

・ぬいぐるみや人形用の目

 

ポンポンメーカー以外は、

100円ショップでも買えますよ。

 

でも手芸用のハサミは100円のものだと、

切れ味があまりよくないかも(^▽^;)

 

ポンポンメーカーは手芸店やネットで買えます。

 

 ポンポンメーカーは65mmサイズだけの

バラ売りはされてないみたいだけど、2個入りはありました。

 

クロバーさんのポンポンメーカー解説動画があったので、

リンク貼っておきますね。

クロバー スーパーポンポンメーカー - YouTube

 

普通のぽんぽんを作るときは、

ポンポンメーカーがなくても厚紙に巻いて作れますが、

動物ぽんぽんは厳しいかも。

 

では、くまの「動物ぽんぽん」の作り方を解説していきますね。

 

くまの「動物ぽんぽん」の作り方

 

くまの「動物ぽんぽん」を作っているYouTube動画があったので、

動画を見ながら解説していきます。

 

www.youtube.com

 

<作り方>

 

★ポンポンメーカーでぽんぽんを作ります。

 

茶色い毛糸をポンポンメーカーのアームに、

190回巻いていきます。

 

この時、毛糸は2本合わせた状態できれいに巻きます。

アームは2本あるので、それぞれ190回ずつ巻きます。

f:id:yuki1995jp:20160421202312p:plain

毛糸をアームに巻き終えたら、

手芸用のハサミで巻いた部分の真ん中を切っていきます。

 

アームの隙間からハサミを入れられるようになってますよ。

f:id:yuki1995jp:20160421202443p:plain

 毛糸を切った部分にタコ糸をぐるっと、

ポンポンメーカーに挟むようにして巻き、タコ糸をきつく結びます。

 

動画では毛糸でやっています。

毛糸でも大丈夫そうですね(^▽^;)

 

黒田さんは、タコ糸の結び目に接着剤をつけて

糸がほどけないようにした方が良いと言ってましたよ。

f:id:yuki1995jp:20160421203109p:plain

 

毛糸をポンポンメーカーから外すと、

こんな感じで大きなぽんぽんができます。

f:id:yuki1995jp:20160421204159p:plain

 

★くまの形を作っていきます。

 

くまの鼻の部分になる出っ張りを作ります。

 

ぽんぽんの真ん中から下の部分に、

500円玉くらいの大きさの円ができるように、

周りをハサミで切っていきます。

 

思い切りが必要!

円を残すようにして1cmくらい周りの毛糸をカットします。

f:id:yuki1995jp:20160421204650p:plain

 

こんな感じに500円玉くらいの、

丸い出っ張りができればOK。

f:id:yuki1995jp:20160421205311p:plain

出っ張りの周りを固めるために、

ニードルで周りをツンツン刺していきます。

 

くまの鼻は黒い羊毛を丸めて作り、

出っ張りの真ん中に乗せて、ニードルで固めます。

 

仕上げに全体をニードルで刺して、

毛糸を固くなじませましょう。

 

★くまの耳を作ります。

 

余っている茶色い毛糸を使って耳を作ります。

 

まず10cmの長さの毛糸を24本作りましょう。

片耳に12本使います。

 

毛糸は2本合わせて使いますよ。

 

耳を付けたい位置にニードルで、

2本合わせた毛糸を押し込んでいきます。

 

毛糸に垂直になるようにニードルを刺すと、

きれいに毛糸同士がくっつきますよ。

 

両耳作りましょう。

 

★くまの目と口を付けます。

 

人形用の目を接着剤かグルーガンで付けます。

 

口は余っている黒の羊毛をニードルで押し込んで作ります。

鼻の下に「人」の形になるように作りましょう。

 

f:id:yuki1995jp:20160421235720p:plain

完成\(^o^)/ かわいい!

 

最後に

 

「動物ぽんぽん」はニードルを細かく刺すことで、

よりきめ細かくぬいぐるみっぽく仕上がります。

 

裏に金具を付けてブローチにもできますよ。

 

慣れてくると1時間半~2時間位で作れるみたい。

気分転換に良さそうですね(*^-^*)

 

必要な材料が結構多いので、

もし全部買わなきゃならないのであれば、

「動物ぽんぽん」キットを買うのもおすすめです。

 

f:id:yuki1995jp:20160422001121p:plain

画像引用 森の動物たちのぽんぽんブローチ|クラフトタウン

 

ポンポンメーカー以外の材料が全部入っているから便利。

ハサミも入っているという充実ぶりで952円。

 

ただ、どこも品薄状態みたいです(>_<)

ネットは売り切れでした・・・。

 

こんなにかわいいとみんな欲しくなりますよね。

 

趣味と言える趣味がない私も、

「動物ぽんぽん」作りはしばらくハマりそうです( *´艸`)