読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきのココだけの話

ゆきが面白いと思った話を紹介していきますね

プラチナエンドを試し読みしたらヤバすぎた!【ネタバレ注意】グロいストーリーだったのですが・・・

マンガ
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:yuki1995jp:20160325114750j:plain

最近なぜか「バクマン」にハマっています(笑)

 

私は元カレの影響で結構ジャンプのマンガが好きで、

中でもデスノートやヒカルの碁の

大場つぐみ&小畑健先生の作品が大好きです。

 

バクマンは「漫画家になる話」なので

今までスルーしていたのですが

読んでみるとめちゃくちゃ面白かったです。

 

それでバクマンについて調べていると大場つぐみ&小畑健先生の新作

「プラチナエンド」というのがあることを最近知りました。

 

プラチナエンドかなりヤバイですねv( ̄∇ ̄)ニヤッ

 

 

プラチナエンドを試し読みしました

 

最近はネットで試し読みができるので便利です!

 

 

上記のサイトで、無料で試し読みしてみました。

この作品ヤバすぎですv( ̄∇ ̄)ニヤッ

 

ネットで買う電子書籍ってかなりいいですよ。

参考記事

電子書籍生活を始めたら快適すぎて驚いたのですが・・・ - ゆきのココだけの話

 

 

ここから先はネタバレになりますよ。

 

ネタバレが嫌な人は上のサイトから無料で試し読みして、

続きを読んでくださいね。

 

では、簡単なあらすじを説明します。

 

主人公の架橋明日(かけはしミライ)は中学卒業の日に

自分の人生を絶望しビルの上から自殺を図ります。

 

「もうあの世?」

と思った瞬間自分に意識があることに気づきます。

 

目の前に現れたのは「天使」

 

天使が明日(ミライ)の命を救ってくれたのでした。

 

しかし明日の一言。

 

「余計なことするな」

 

自殺しようとした明日にとって

命を助けてくれた天使は余計な存在でした。

 

天使が言うには

「私は明日を幸せにするために来た」

 

「飛び降りる時に

『幸せになりたかった』って言ったじゃない」

 

しかし明日は自分の現状に絶望しています。

 

天使はその理由も知っています。

 

両親や家族が事故で死亡して

今は叔父の家に引き取られている明日(ミライ)。

 

そこではいじめや、毎日こき使われる過酷な生活。

 

もう夢も希望もない明日(ミライ)・・・

 

そこで天使は「生きる希望を与える」というのです。

 

明日(ミライ)に「自由」か「愛」か

どちらかを与えると言うのですが・・・

 

「自由に飛べる翼」と「自分のことを33日間好きになってくれる赤い矢」

 

明日(ミライ)はちょっとした言葉で

これを両方手に入れました。

 

普通の人間なら喜ぶアイテムですが

明日(ミライ)はそれほど喜びはしないのでした・・・

 

それほど明日の心は失望に満ちていたのです。

 

しかし衝撃の事実を知って

明日の心は揺れ動くのですが・・・

 

 

 

デスノートの死神の次は天使ですか~!

 

大場つぐみ&小畑健先生の作品は

死神が出てきたり(デスノート)幽霊が出てきたり(ヒカルの碁)

ファンタジー色が濃いですよね。

 

でも、今回の作品は今までとひと味違いますよ!

 

 

プラチナエンドの感想と評価です

 

大まかなあらすじを解説してみました。

 

私はプラチナエンドの絵を見て

「すごい!!!」と感激しました。

 

「最初の扉絵を何時間かけて書いたの??」

と思うくらい。

 

実は今まで漫画の絵を見て、

すごいとかすごくないとか

感じたことがなかったんです・・・

 

でも、バクマンを読んでからは

「漫画の絵ってすごく描くの大変なんだな~」

って思い、絵もよく見るようになりました。

 

 

「この絵を描くのに何時間かかったんだろう」って。

 

 

そしてヤバイのは作品の内容です。

 

最初は

「なんでこの作品(プラチナエンド)は少年ジャンプじゃないんだろう?」

と思ったら、バクマン読んで答えがわかりました。

 

「内容が過激すぎるから」

 

主人公の明日が結果として○○を殺しちゃうんんですよね・・・

 

そのシーンが残虐すぎます(^_^;)

 

包丁で・・・*1

 

確かにこれでは少年誌に掲載できないでしょ!

 

私にはかなりグロいシーンでした・・・

 

 

でも逆にそのシーンを見た後

「続きが読みたくなってたまらなく」なっちゃいました(笑)

 

思わずぽちっと購入ボタン(>_<)

 

電子コミックって便利ですよね(^O^)

 

私はアマゾンのプレミアム会員になっているのですが

本が早く届くといっても1日はかかります。

 

電子コミックならすぐに続きが読めますからね。

 

で、ここからは1巻を読んだ感想です。

 

 

プラチナエンドの登場人物

 

架橋明日(かけはしミライ)

主人公の中学3年生(卒業後高校1年生)

自殺を図るが天使に助けてもらう

 

 

ナッセ

明日を助けた特級天使

 

 

花籠 咲(はなかご さき)

明日が思いを寄せる同級生

 

 

ロドリゲス頓馬(ロドリゲス とんま)

お笑い芸人

赤い矢を悪用してアイドル達とエッチをしまくる

 

 

メトロポリマン

謎の人物

 

 

あまり細かく書くと完全なネタバレになりますので

この程度にしておきます。

 

ちなみに私が好きなのはロドリゲス頓馬ですね。

 

やっぱり男の人って赤い矢(相手が自分のことを好きになる)を

手に入れると「こうやって使うんだろうな~」

って思っちゃいます。

 

というのも、この話のタイトルが「男の性(さが)」ですから(^_^;)

 

そしてやっぱり、不幸な結末に・・・

 

でもこのお色気シーンも少年誌では無理でしょうね。

かなり本格的にきわどい絵が描かれています(>_<)

 

 

1巻の結末が意外だった・・・

 

第1巻最後まで、読んでみると意外ですよね~。

 

頭の良い人は結末が想像できたと思うのですが

私にとっては驚きの展開でした!

 

早く2巻が読みたくてたまりません(^o^)

 

続きどうなるんだろ??

 

デスノートやバクマン読んで面白いと思った人は

絶対ハマる作品です!

 

みんなでプラチナエンドの話で盛り上がりましょう。

 

 

 

 

関連記事

 

*1:+_+